中千ブログ 〜すぎの声〜

HOME > 中千ブログ 〜すぎの声〜
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
リンク
プロフィール
最新記事
カテゴリー
アーカイブ
ブログ内検索

RSS/ATOM
モバイル
qrcode
広告
板倉の集合住宅
 
021.JPG

037.JPG

044.JPG

040.JPG

023.JPG

024.JPG

032.JPG

これらの写真は茨城県つくば市に建設中の集合住宅です。
最近では少なくなってきた純木造アパートで、もちろん板倉構法を取り入れています。
使われている材木は徳島杉で、中千木材から大型トラックで数台分で運ばれました。

アパートなどの集合住宅で、本物の木のあたたかさ、木の香りに包まれて生活できることができるなんて、めったにないことだと思います。

一軒家を建てる予定がない人も、こんな形で板倉の住宅に住めるようになれば嬉しいと思います。
2014.11.11 Tuesday 09:37 | - |
石垣島の板倉進行中
 
10月18〜19日、関西国際空港からピーチに乗って石垣島に社長が行ってきました。
青い海と青い空、日本屈指のリゾート地と称賛されるにふさわしい島だったそうです。

038.JPG

7月に中千木材の工場からコンテナに乗って出発した板倉の材料は、沖縄の本島からさらに南に位置する石垣島まで船に揺られて配送されました。

013.JPG

今回社長がお伺いするまでに何度も強い台風に見舞われましたが、ご覧のとおり外観は沖縄の民家を尊重したつくりをそのままに、内部は杉ですっぽり覆われた現代の板倉構法を取り入れ、おしゃれで強靭な木造住宅が完成しつつありました。

031.JPG

030.JPG

049.JPG

058.JPG

160.JPG

056.JPG

156.JPG

2014.10.29 Wednesday 14:32 | - |
気象庁が異常気象と発表
9月に入り、今日も雨  が降りました。
毎年悩まされていたセミ集団の声も、8月以降ほとんど聞こえてきません。
植木の水やりも1回しかしていません。
新聞の記事を読むと、徳島では35℃以上の酷暑日がゼロだったそうです。

そんな中、今まで見たことのない清楚で上品な花を見つけましたので
思わず写真をとりました。

ショウガの花.JPG

蘭のようなユリのような、この真っ白い清楚な美しい花は何の花だと思いますか?
……実はショウガの花なのです。

私が毎日立つ洗濯物干し場の庭に咲いていました。
細長い緑の大きな葉は一年中生えているのですが
こんな美しい花を咲かせるのは初めてのことです。

ネットで調べてみると、もともとショウガは亜熱帯地方の植物で
日本で花を咲かすのは少ないそうです。

私もショウガが大好きで料理によく使うのですが
あのゴツゴツとした姿からは想像もできない花の姿に
感動してしまいました。

でもこれもやっぱり異常気象と関係があるのでしょうか…
2014.09.05 Friday 13:36 | - |
大型台風直撃
 雨風の強い大きな台風でした。
家の中にいると、雨戸を閉めているのに窓ガラスや障子がガタガタゆれて怖かったです。

会社の横を流れる那賀川の水位もみるみる上昇し、日曜日の朝には氾濫危険水位に達し、ここからほんの数キロ離れたところで避難指示や勧告が発表されつづけました。

古庄.JPG

おかげさまで今回も大きな影響はなかったものの、一部で雨と風による被害が発生し、今日は朝から掃除や片付けに追われています。

機械の修理や点検も急務なのですが、電気屋さんやメーカーさんも大忙しで、いつものようにすぐには来てくれません。お盆休みを前に業務に遅れが生じ、ご迷惑をおかけすることもあると存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

なお、お盆休みは8月13日〜17日とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
2014.08.11 Monday 09:35 | - |
連日の大雨警報
 テレビでも放送されていますが、8月1日から四国に降り始めた雨は過去の記録を更新するほどの土砂降りの雨で、ここ阿南市でも浸水や土砂崩れなど、一部の地域では深刻な被害がでました。

おかげさまで弊社におきましては工場内の浸水や那賀川の氾濫もなく大丈夫でした。
各地からお見舞いの電話やご心配のメールをいただきましたこと、誠にありがとうございました。
この場を借りて御礼申し上げます。

ただ約半数の社員が家から出られない、道路が通行止めで出社できないなどの理由で不在だったため、業務に遅れが生じ、出荷に影響を及ぼしております。ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解賜りますようよろしくお願いいたします。

週末には台風11号の接近も報じられています。
今度は風の対策も必要ですので、皆さまご注意くださいませ。
2014.08.06 Wednesday 09:41 | - |
板倉の家、石垣島へ
 いよいよ板倉の家が沖縄県石垣島へ渡っていきます。

輸送方法はコンテナに載せて船で運びます。
弊社でも初めてのことでしたが、海に囲まれた日本では海運業が先進的に発達しているとのことですので、無事に到着することを信じて出荷しました。

今回の板倉の家は石垣島で設計事務所を営んでいらっしゃる社長さんご自身の家です。
徳島にも飛行機で数回お見えになり、モデルハウスで体験宿泊もされ、アンケートにこう記されていたのが印象的でした。

「おふくろの腕に抱かれているような、何とも言えない安らぎ・ぬくもりを感じた」


015.JPG

013.JPG

012.JPG
2014.07.31 Thursday 15:07 | - |
「一般社団法人 日本板倉建築協会」設立へ
 平成26年7月24日、東京池袋で協会の設立式典、ならびに総会が開催されました。

本協会設立の意図は、板倉建築の普及と新興及び日本の森林資源の循環的利用を図り、もって地域社会の発展と生活文化の向上に寄与することを目的に設立いたしました。

代表理事には板倉の家・生みの親である安藤邦廣氏が就任し、中千木材社長の千里泰三も、理事という大役を仰せつかりました。

協会では板倉建築の更なる研究や調査、技術開発に取り組み、広く板倉構法の周知に努める活動を行ってまいります。ご期待ください。

005.JPG


008.JPG

010.JPG
2014.07.30 Wednesday 16:37 | - |
青虫
畑のおはなしPART

母が家庭菜園をしている畑にブロッコリーが10本育っています。
ブロッコリーの葉と葉の間を数匹のモンシロチョウがひらひら優雅に飛んでいるのですが…
大きな葉っぱは穴だらけ。そうなんです。青虫が食べているのです。
ブロッコリーの葉は意外に大きくて、裏をめくると青虫が何匹もひっついていました。

むかし私が子どもだったころブロッコリーという野菜はまだなくて、当時はキャベツの裏にひっついた黄色い小さな卵を何個も持ち帰り、虫籠に入れて「卵→幼虫(アオムシ)→サナギ→蝶」になるのを楽しんだものです。

平成生まれのうちの子は全員虫が苦手だけど、よくみると青虫もかわいいですけどね。

 
2014.06.10 Tuesday 10:53 | - |
北海道、大丈夫?
私たちの住む四国が梅雨入りした日、北海道の一部で37度を超える暑さを記録しました。
テレビを見ていた私も一瞬目を疑うほどの数字に、「北海道の人、大丈夫?」とおもわずひとり言。
牧場でのびのび育つ牛さんも、寒さには強いけど暑さに弱くて、牛乳の摂取量がかなり減るそうです。

お米だって北海道産のブランド米が次々誕生し、味も良く人気は上々。
農家の人が言ってましたが、お米の産地は徐々に北へ移行しているというのが現実なのかもしれません。

話はかわりますが、昨日からの雨が止んだところで畑に野菜の苗を植えました。
母が家庭菜園をしている隙間に、ピーマンと赤のパプリカとミニトマトの苗を1本ずつ植えました。

特に楽しみにしているのはミニトマトで、品種は「アイコ」といいます。
実の形が少し変わっていてアメリカンフットボールのような楕円形になります。
色がきれいで、甘さはフルーツトマトを思わせるほど糖度が高いのが特長です。
スーパーでも売っていますが10個で200円ほどします。
うまく育てば1本の苗からかなりたくさん収穫できますから、サラダやお弁当に重宝します。

家族でいただく食材になるよう、大事に育てます。


 
2014.06.05 Thursday 11:17 | - |
木材利用ポイントについて
木材利用ポイントは地域の(国産の)木材をもっと使おう!という目的で生まれた国の政策です。
家の新築やリフォーム、木製の家具や薪ストーブの購入にあわせてポイントがもらえる制度です。
もらったポイントは商品券や農産物、あるいはちょっと変わった体験型旅行など、実にさまざまなモノと交換できます。

実は家の新築やリフォームの場合、構造材と内装材で最大60万ポイント(金額に直すと60万円分)もつきます。
平成25年7月から始まったこの制度で発行されたポイントは、今年の5月10日までで全国で122億ポイントにもなっているそうです。

国がこれほどの規模で消費者に還元しようとする背景にはいろいろと理由があります。
日本は国土面積の約70%を森林が占めています。世界の森林率は平均30%といわれていますから
我が国は資源の少ない国だと思われがちですが、世界的にも木の資源は恵まれた国土であると言えるのです。

現在、戦後次々に植えられた山の木が十分に育ち森林資源が増え続けています。
この状態が続くと山の生態系が崩れる原因になったり、木の質を落とすことになったり、林業の衰退化につながるとされています。
だから今、木材を適切にしっかりと利用にする必要があるのです。

「日本で生まれ育った木を使って家を建てる」。これが日本における本来の住宅の形なのではないかと私は考えます。日本の気候風土を知り尽くした山の木は、

柱や壁になって住む人を包み癒してくれます。
地震にだって強いんです。
いい香りでリラックスできるんです。
触れるとあったかいのです。
丈夫で長持ちするんです。
長所は他にも色々あります。
でもキズが付きやすい(スギ等)などの
欠点もいくつかあります。

話を元に戻します。
木材利用ポイント申請対象は平成26年9月30日までに工事着手した物件に延長されました。
実際の申請は平成27年1月31日までとなります。
その他詳しい詳細はこちらまで
   ↓↓

http://mokuzai-points.jp/index.html

中千木材は対象地域材の供給業者に認定されています。
弊社が対象材を木材ポイントの登録工事業者さんに
納品し施工した場合、
お申し出により「納品証明書」を発行することができます。



 
2014.05.21 Wednesday 15:22 | - |
<< 2 / 13 pages >>
▲PAGETOP
Copyright(C) 中千木材有限会社 All Rights Reserved.