中千ブログ 〜すぎの声〜

HOME > 中千ブログ 〜すぎの声〜
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2016 >>
リンク
プロフィール
最新記事
カテゴリー
アーカイブ
ブログ内検索

RSS/ATOM
モバイル
qrcode
広告
会津若松と沖縄県石垣島の現場
福島県・会津若松の仮設住宅跡地に建設中の復興住宅です。
仮設で使用された木材が廃棄されることなく、使える材料はこのように再利用されました。
コストを下げるだけでなく、環境にも良いので大変注目されています。

DSC02504.JPG

DSC02501.JPG

こちらは沖縄県の石垣島です。
こちらの有名人とは・・・↓↓↓

DSC02542.JPG

ボクシング元世界チャンピョンの具志堅用高さん。
現在はバラエティ番組で活躍する人気タレントさんです。
この石垣島でまたまた板倉の家がうまれようとしています。

DSC02529.JPG

沖縄ではおなじみの赤瓦。強烈な台風や太陽の光(熱)から家を守る
工夫がされています。平屋の建物が多いのも同じ理由からです。

DSC02508.JPG

DSC02532.JPG

DSC02513.JPG

DSC02506.JPG

DSC02505.JPG

DSC02511.JPG

 
2016.04.14 Thursday 13:05 | - |
「あいづ道の駅」と、木造でつくられた小学校の体育館
 福島県の会津で開かれた「板倉建築協会」の講習会に社長が参加しました。
今回は伝統的な板倉構法を用いた、木造の「道の駅」と小学校の体育館です。

まずは小学校の体育館から紹介します。

喜多方市立熊倉小学校にできた体育館で
特に強度が求められる施設です。
太い柱や梁をふんだんに使って、いざという時には木材の持つねばりが衝撃を吸収し
建物の崩壊を防ぎます。
これらの技術とデザイン性にもご注目ください。

DSC_0025.JPG

DSC_0046.JPG

DSC_0078.JPG

DSC_0090.JPG


次は「あいづ道の駅」です。
こちらはなんといっても放射線状に延びた構造材に目がひかれます。
私には花束や花火のように見えますが
社長はイタリアのサグラダ・ファミリア聖堂内観のようにも見えたとのことでした(笑)

屋内は白と濃茶のコントラストが新鮮で大変印象的です。
会津でとれたイキイキとした農作物や特産品が並びます。

DSC_0020.JPG

DSC_0092.JPG

DSC_0014.JPG
2015.09.17 Thursday 14:06 | - |
水の恵みと恐怖
 大雨による鬼怒川の氾濫で多くの方々が水害を被りました。
被災された方々には謹んでお見舞い申し上げます・

中千木材も他人ごとではありません。
会社は一級河川「那賀川」の堤防に沿ってあるからです。
四国は台風の影響を一年に何度も受けます。
その度に那賀川の水かさが増し、上流のダムが放流をひきあげたとか
氾濫危険水位に達したとかの情報がテレビのテロップに流れます。

幸い社長もここで生まれてから堤防が切れたことは一度もないといっていますが
この先もないとは言い切れません。

水の恵みに感謝しながらも今回の鬼怒川の災害を教訓にして
防災についてもっと真剣にみんなが考える時だと感じました。
2015.09.16 Wednesday 10:00 | - |
四国の梅雨明けはいつ?
 今日、久々に晴れました。
梅雨前線、台風11号の影響で、ここ徳島は7月に入ってずっと雨や曇りの日が続いています。
東日本はもうとっくに梅雨明けしているのに、九州や四国がまだという現象は私も初めてです。

家や会社の周りの田んぼはお米の実がつきだしていますが、美味しいお米に成長すためにこれから一番大事な時期をむかえます。太陽の光がお米の出来を左右するので、早く梅雨明けしてほしいです。
2015.07.24 Friday 09:45 | - |
天然のアユが届きました
 P1070269.JPG

阿南市と徳島市の間に流れる勝浦川でとれたアユだそうです。
体長12〜3センチ、人間でいえば中高校生くらいの成長期のアユです。

徳島では若い人(特に男子)のことを「若鮎」という言葉におきかえて表現することがあります。
この事からも、きれいな川の多い徳島では昔からアユが良くとれ、
大変身近な夏を代表する魚だった事がうかがえます。

また最近テレビや新聞で「阿波弁」の記事が良くでています。
私のまわり(阿南市)でよく聞く阿波弁を紹介します。
・「アユ」⇒「アイ」
・「閉める」⇒「たつ」
・「こちらこそ」⇒「どちらいか」
・「大丈夫」⇒「いける」
・「いいよ」⇒「かんまん」
・「だけど」⇒「ほなけんど」
・「倹約」⇒「始末」
・「〜してはいけない」⇒「〜(ら)れん」
・「食事の用意」⇒「しょたい」
・「食事の後片付け」⇒「ぞうし」
・「面倒くさい」⇒「たいそい」
・「散らかす」⇒「ひこずる」

まだまだありますが、徳島の方言はどちらかといえば関西よりです。
また同じ徳島でも地域によって方言の意味が全く異なることもあります。
住む人に根付いた方言はその土地の文化だと思います。
子供たちも自然に覚えて普通に使っています。
おもしろいですね。



2015.06.26 Friday 13:46 | - |
梅雨入りしましたが晴天です
 昨日、四国を含む西日本が梅雨入りしました。
が、今日は朝から雲ひとつない晴天です。

いまアジサイがあちこちで綺麗に咲いています。
主にアジサイの花はピンク系とブルー系に分かれますが
これは土のphによってかわるそうです。
不思議に思ったので、調べてみると「アントシアニン」という成分が
かかわっているようです。

シトシトと降る雨にアジサイの葉が揺れる光景は
日本の6月の代表的な姿ですね
2015.06.04 Thursday 09:07 | - |
わが家の床をリフォームしました
 5月におばあちゃんの法事があることを機に、我が家の和室3部屋を畳からフローリングにしました。
部屋にある家具や荷物を除けるまでが私の係で、そこからは大工さんお二人にお任せしました。
部屋のサイズを細かく測り、カンナやノミ、のこぎりを使って微妙なサイズを調整しながら板を貼ってくれました。

012.JPG

‐をはずすと掘りごたつの跡がでてきました。この上にまず下地材を貼ります。

015.JPG

隙間ができないよう一枚貼るごとに充て板をあててかなづちでたたきます。
これで実(さね)の部分をしっかり合わせます。


032.JPG

仕上げ材は下地と交差する方向に貼っていき、まず最初の部屋が完成です。

049.JPG

次は応接室です。ここは客間なので上小無地を使いました。

最後にリビングです。

042.JPG

025.JPG

隠れる実の部分に40センチ間隔で釘を斜め下に向かって打ち、板を固定します。

036.JPG

053.JPG

リビングの完成です。

生活のデジタル化が進む中、大工さんの仕事って昔からの技が随所にひかり、カッコいいなあと感じました。微調整も含め、2日で完成しました。

杉は木の中でも表面があたたかくサラッとしているので、素足で歩くのがとっても気持ちいいです。

キズがつきやすい材料ですが、その分肌当たりが柔らかく、この上でウトウト眠ってしまうことも良くあります。

床が変わると部屋全体の印象がガラっとかわるので、気分も一新します。
おばあちゃんも喜んでくれていると思います。
2015.05.19 Tuesday 09:05 | - |
卯月
 4月に入ったらストーブもこたつも除けてしまおうと思っていたのに
ここにきて季節が冬に逆戻りしたような寒さを感じています。

満開が近かった桜も、ほんの数日間のあいだに散ってしまい、お花見の予定が狂ってしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな中、わが家では昨日末っ子の高校入学式がありました。

野球部に所属していますので頭は丸坊主。
たくさんの新入生がいても頭を見ればすぐに見つけることができて便利です。

ところで最近徳島県では学校などの公共施設の建て替え・リフォームに県産材の杉を良く使うようになりました。
地産地削を推奨する県の取り組みの結果です。
先日も阿南市内の高校の建て替えに携わる建設業者さんに、たくさんの杉板を納品しました。

末っ子の高校は徳島市内ですが、あの子の在学中に建て替え工事が決まったりしたら、ちょっと嬉しいなと思います。
2015.04.09 Thursday 13:37 | - |
3軒分の板倉の家(new!)、一挙にご紹介します

最新の板倉の家です。上棟から約1ヶ月、完成まじかの2軒、一挙に写真をアップしましたのでご覧ください。

DSC_0170.JPG

DSC_0175.JPG

DSC_0176.JPG

DSC_0179.JPG

DSC_0184.JPG

DSC_0195.JPG


DSC_0228.JPG

DSC_0200.JPG

DSC_0201.JPG

DSC_0207.JPG

DSC_0211.JPG

DSC_0222.JPG

DSC_0239.JPG

DSC_0251.JPG

DSC_0260.JPG

DSC_0261.JPG

DSC_0265.JPG

DSC_0267.JPG

DSC_0272.JPG


2015.02.18 Wednesday 14:37 | - |
板倉の小屋キット
 徳島阿波おどり空港到着ロビーに板倉の家2坪タイプの小屋キットを建ててきました。
新壁倍率大臣認定取得後はじめてのことです。
搬入からわずか4時間ほどで完成しました。

到着ロビーに杉のやさしい香りが漂い、徳島に来た人、帰ってきた人を
おもてなしです。

022.JPG


024.JPG

030.JPG

028.JPG


2014.12.26 Friday 15:12 | - |
1 / 13 pages >>
▲PAGETOP
Copyright(C) 中千木材有限会社 All Rights Reserved.